オペ室看護師の仕事を探すための転職・求人サイトの利用法

マナーとポイントをおさえた転職活動で、希望に合う職場を見つけましょう

オペ室看護師の転職・求人サイトは複数チェック!



転職を意識する看護師の皆さんにお奨めな手段として、“看護師の転職・求人サイト”の利用があります。 登録無料で手軽にエントリーできる上に、コンサルタントからのアドバイスを受けながら履歴書や職務経歴書などの書類作成ができるほか、面接対策までしてくれるので心強いツールですね。

そんな看護師の転職・求人サイトを利用するなら、複数のサイトを併用するのがいいってご存知ですか? 看護師の転職・求人サイトには様々なサイトがありますね。

そんな求人サイトは、紹介した看護師の年収の役20%ほどの紹介料を受け取っています。 悪く言えば看護師が商品になっているわけです。 ですが、紹介した看護師が退職してしまっては評判が下がってしまいますので、できるだけ働きやすい求人を斡旋できるよう努力しています。

たくさん存在する求人サイトからより多くの看護師を紹介できるよう、また、その紹介先が長続きできる職場であるようにサイト同士で競い合っている訳ですから、当然それぞれの求人の質が上がってきているわけですね。

また、そのような看護師の転職・求人サイトを複数登録することによって、転職を希望する日勤常勤看護師求人はより多くの求人情報に出会う事ができます。転職活動をする上で、この情報の多さはとっても大切なポイントですね。
看護師が転職に役立った求人サイトは?

より多くの情報を集める事で、あなたの希望にマッチした求人に出会える可能性もグッとアップします。 なかでも、転職・求人サイトで非公開求人をチェックできるというのも大きなメリットでしょう。

さらに、同じ求人でも違うサイトでチェックすると条件が異なってたりもします。 これは、サイトごとに医療機関との関わりの度合いが違ってくる事からきています。 過去に人材を紹介してきた実績や、頻繁に連絡を取り合う仲になっているため信頼関係が築けていたりするケースです。

つまり、「○○社でOKがでなかった条件交渉も、××社では通った!」という事だってあり得るというわけです。 これらの理由から、看護師の転職・求人サイトは複数を併用するのが賢いというわけですね。

看護師が転職先を探す方法

看護師という職業は忙しさに終われるような日々を過ごしています。転職したいと考えている看護師さんがいたとしても、なかなか仕事を見つける時間もないかもしれません。ですがこのようなケースでも、転職先探しをする方法はあります。

例えば看護師仲間の友人から、職場を紹介もらう方法です。実際、看護師さんたちの中では昔からとられていた方法ではないでしょうか。

また、紹介してもらうチャンスも少なくないとは思います。但し、転職してきた看護師さんが何かトラブルを起こしてしまった場合や、転職してきてもすぐに辞めてしまった場合などは、紹介した側の肩身が狭くなってしまうことを考えると、なかなかベストな方法とはいえない方法です。

転職先探しといえば、真っ先に思いつくのがハローワークかもしれません。情報は比較的手軽に見つけることは出来ますが、いかんせん求人情報が少ないのがネックです。

少ないとなってしまうと、希望に近い条件を見つけるのは至難の業ですし、無理に転職したとしても、「なぜ転職したかったのか」という理由の存在意義がなくなってしまいます。

では、看護師さん専門の転職サイトはどうでしょう。求人情報は豊富にあり、たくさんの求人があるということは、自分の希望条件に近い求人先も見つかるということです。大きな病院から個人クリニックまで求人情報が掲載されていますし、新規の病院や一般企業からの非公開求人も登録する事でチェックできます。

登録すると担当のコンサルタントが就き、その人に合った医療施設の案内を請け負ってくれたり、場所によっては面接対策までしてくれるそうです。

上記はメリットになりますが、デメリットとしては登録するのが手間なことや、転職会社にいって打ち合わせが必要となる(場合によっては)ことでしょうか。とはいえ数分だけ我慢すれば登録は可能です。

転職先探しに時間を掛けられない看護師さんには向いている方法かもしれないですね。診療科目や年収の希望、育児に対する記述、仕事と家庭の両立に関してや、家に近い病院探しなど、自分らしく働ける病院を探すのであれば、転職サイトを活用するのは大変オススメです。

どの仕事でも同様だと言えますが、余りにも短期間で仕事を変えてしまうと受け入れる側は転職者の人間性に不安を感じてしまい、なかなか転職し辛くなってしまう可能性もあります。

だからといって、完璧な履歴書を目指して長年勤務するというのは本末転倒ですよね。自分がのびのびと働ける施設で、活躍できるのがベストです。そのような医療施設と出会うためにも、看護師専用の転職サイトはオススメだといえるでしょう。
沖縄 国立病院

看護師が転職する際のマナーなど

看護師さんが転職する際の注意事項とマナーを一緒に見ていきましょう。転職する際、法律では二週間以上前に病院や会社に伝えるこで退職することは可能となっています。

ですが退職までの時間があまりに短い場合は、引継ぎや、新規求人を出す病院側が困ってしまいますので、最低でもひと月以上余裕を持って、退職願を出しましょう。そうすることによって、もしかしたら雇用側から退職希望者を引き止めるための条件改善交渉があるかもしれません。

ですが、退職するという気持ちが強いのであれば、退職の申し出はより早い時期の方がスムーズに退職する事ができます。また礼儀的にも、ギリギリより早めの方がオススメです。立つ鳥あとを濁さず、きちんと礼儀をもって退職したいものです。

退職願を出す際は「一身上の都合により」という一文を入れてください。書く際は縦書きです。雇用者側と相談する際は、何日付で退職をするのかということも話し合うようにしましょう。周囲の人に先に話すのはルール違反です。上司より先に周囲に広まってしまうと、トラブルの元になってしまいます。

退職が決定したら、今度は引き継ぎです。申し忘れがないよう注意して行って下さいね。自分が辞めた後も病院がなくなるわけではありません。患者さんは勿論、周囲のスタッフに迷惑が掛からないように退職するのは大人のマナーです。

また、退職者の評判を誰が耳にするかもわかりませんよね。自分で自分の評価を落とさないようにしてください。

引継ぎなどが終わった後は、病院側からのレンタル品などはきちんと返すようにしましょう。また、礼儀として一般的には、お菓子などを置いてくる場合もありますが、今は余りこのような習慣はないようです。とはいえ、お世話になったのであれば、個人的には気持ちとして準備するのも良いと思います。

忘れないようにしたいのは、社会保険や厚生年金、雇用保険などの書類関係です。退職時には必ず職場で確認してきましょう。離職票や雇用保険の被保険者証や、年金手帳の変換なども、後から大切になってきます。

リストやメモなどを作って、チェックしていくのがオススメです。忘れ物がないように退職して下さいね。余り見る機会もなかったかもしれませんが、就業規則の見直しもするようにしてください。退職にまつわる記載があるかもしれません。

↑ PAGE TOP